アユ増殖についての2つの取り組み(その1) H28年度

昨年度より、より良いアユ釣果が得られるよう、下記の取り組みを実施しています

★その1★

今年で2年目の取り組みになります 「県人工産アユ放流」 を下記の通り行いまいした
目 的 : 遡上率が高いとされる人口産を放流することにより群アユに成り難くする
    3年間の継続事業で、アユのアブラビレをカットして通常放流(湖産)のアユと区別をし、
    生息力・移動距離などのデータに基づいた生態調査も行います
放流量 : 200㎏
場 所 : 水内川下流域

↓↓↓ 画像は昨年のヒレカットの様子 ↓↓↓
DSCN0128

DSCN0130

DSCN0141

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です